Kaspersky Security Network への参加と Kaspersky Private Security Network の使用

ユーザーのコンピューターをより効率的に保護するため、Kaspersky Web Traffic Security は世界中のユーザーから取得したデータを使用します。Kaspersky Security Network は、そのようなデータの収集を目的に設計されています。

Kaspersky Security Network(以降、「KSN」とも表記)は、ファイルのレピュテーション、Web リソース、ソフトウェアに関する情報を含むカスペルスキーのオンラインナレッジベースへのアクセスを提供する、クラウドサービスのインフラストラクチャです。Kaspersky Security Network のデータを使用することにより、定義データベースに追加されていないオブジェクトに対して Kaspersky Web Traffic Security がより迅速に対応できるようになるだけでなく、一部の保護コンポーネントのパフォーマンスが向上し、誤検知の可能性が軽減されます。

Kaspersky Security Network に参加するユーザーの協力により、カスペルスキーは定義データベースにまだ追加されていないオブジェクトの種別と発生源に関する情報を迅速に受け取り、これらのオブジェクトを駆除する技術を開発するとともに、誤検知の数を最小限に抑えることができます。

Kaspersky Security Network に参加すると、Kaspersky Web Traffic Security の実行中に収集された特定の統計情報がカスペルスキーに自動的に送信されます。コンピューターまたはデータに損害を与えるためにサイバー犯罪者に悪用される可能性があるファイルまたはその一部も、詳細な分析のためにカスペルスキーに送信されることがあります。

ただし、個人情報の収集、処理、保存は行われません。Kaspersky Web Traffic Security により Kaspersky Security Network に送信されるデータの種別は、KSN 声明に記載されています。

Kaspersky Security Network への参加は任意です。Kaspersky Security Network に参加するかどうかは、Kaspersky Web Traffic Security のインストール中に指定しますが、いつでも変更できます。

KSN に参加しない場合は、Kaspersky Private Security Network(以降「KPSN」とも表記)を利用できます。KPSN は、ユーザーが自分のコンピューターからデータを Kaspersky Security Network に送信することなく、Kaspersky Security Network のレピュテーションデータベースやその他の統計データにアクセスできるようにするソリューションです。

Kaspersky Private Security Network を購入する場合は、お近くのカスペルスキー販売代理店にお問い合わせください。

このセクションの内容

Kaspersky Security Network への参加の設定

Kaspersky Private Security Network の使用の設定

ページのトップに戻る