サーバーの時間設定

この機能は、製品の ISO イメージを導入した場合のみ使用できます。

製品の設定で使用するサーバーの時間設定を編集できます。スケジュールが指定されている定義データベースのアップデートタスクやトラフィック処理ルールは、選択した時間設定に従って適用されます。

サーバーの時間設定を編集するには:

  1. 製品の Web インターフェイスで、[設定]-[全般]-[サーバー時間]セクションを選択します。
  2. タイムゾーン]セクションで次の操作を実行します:
    1. ]ドロップダウンリストから、目的のタイムゾーンの国を選択します。
    2. タイムゾーン]から、タイムゾーンを選択します。

    ドロップダウンリストの下の地図上で、選択したタイムゾーンに該当する地域がハイライト表示されます。

  3. 時刻の同期]セクションで、[NTP サーバーとの同期]切り替えスイッチを使用して、NTP サーバーとの同期のオンとオフを切り替えます。

    製品の ISO イメージを VMware 仮想マシンに導入した場合、NTP サーバーとの時刻同期を有効にすると、ハイパーバイザーとの時刻同期は自動的に無効になります。別の種別のハイパーバイザーを使用している場合、ハイパーバイザーの設定で時刻同期を別途手動で無効にする必要があります。

  4. NTP サーバーとの同期をオンにした場合、[NTP サーバー]で NTP サーバーの完全修飾ドメイン名(FQDN)または IPv4/IPv6 形式の IP アドレスを入力します。
  5. 時刻を同期する NTP サーバーを追加する場合、kwts_button_plus をクリックして、表示されるフィールドにアドレスを入力します。
  6. 保存]をクリックします。

サーバーの時間が設定されます。入力した変更はまずコントロールロールのノードに保存され、それからすべてのクラスターノードに反映されます。各クラスターノードに関する情報に、時刻同期のステータスが表示されます。

ページのトップに戻る