補足資料 5: URL の正規化

Kaspersky Web Traffic Security では、次の 4 つの要素から構成される以下の形式の URL のインポートがサポートされます:

<プトロコル>://<ドメイン>:<ポート>/<パス>

ドメインの指定は必須です。URL のその他の構成要素の指定は省略することができます。

例:

https://example.com:8080/path

この場合、「https」がプロトコル、「example.com」がドメイン、「8080」がポート、「path」がパスです。

URL の正規化でエラーが発生し、本製品でアドレスが受け入れられなかった場合、次の順序で対応することを推奨します。

  1. 問題の原因となっている URL の構成要素を特定します。具体的な手順としては、次の順序で構成要素を追加しながら、問題がどの構成要素で発生しているかを確認します:
    1. <ドメイン>
    2. <プロトコル>://<ドメイン>
    3. <プロトコル>://<ドメイン>:<ポート>
    4. <プロトコル>://<ドメイン>:<ポート>/<パス>
  2. 問題の原因となっている URL の構成要素の値が、以下の表の要件を満たしているかどうかを確認します。

    URL の正常な正規化の要件

    URL の構成要素

    要件

    プロトコル

    • ASCII 文字の英字(A–Z、a–z)で始まる必要があります。
    • ASCII 文字の英字(A–Z、a–z)、数字(0-9)、プラス記号、マイナス記号、ドット(.)を含めることができます。

    ドメイン

    • IPv4 アドレス、IPv6 アドレス(角括弧で囲む)、完全修飾ドメイン名(FQDN)を指定できます。
    • 次の記号を使用できます:

      ._ ~ ! $ & ' ( ) * + , =

    ポート

    1 から 65535 までの数値を指定できます。

    パス

    • パスの階層を区切る場合は「/」記号を使用できます。
    • ASCII 文字の英字(a-z)、数字(0-9)、UTF エンコードの記号、パーセントエンコードの記号、および以下の記号を使用できます:

      - ._ ~ : @ ! $ & ' ( ) * , =

  3. 指定する URL にセミコロンが含まれる場合、URL の入力時にはパスを入力しないようにします。URL がリストに追加された後で、パスを指定することができます。
ページのトップに戻る