iOS デバイスでの Web サイトへのアクセスの設定

Safari のウェブコントロールを使用して、iOS デバイスユーザーの Web サイトへのアクセスを設定できます。

Safari 用のウェブコントロールでは、許可およびブロックされた Web サイトのリストに基づいて、デバイスユーザーの Web サイトへのアクセスを制御できます。ウェブコントロールでは、許可された Web サイトのブックマークを Safari のブックマークパネルに追加することもできます。

ウェブコントロール設定は、監視対象デバイスにのみ適用されます。

iOS デバイスでの Web サイトへのユーザーアクセスを Safari で設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. セキュリティ管理]→[セキュリティプロファイル]の順に選択します。

    セキュリティプロファイル]セクションには、Kaspersky Endpoint Security Cloud で設定されたセキュリティプロファイルのリストが表示されます。

  3. リストから、Web サイトへのアクセスを設定するデバイスのセキュリティプロファイルを選択します。
  4. プロファイル名のリンクをクリックすると、セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウが表示されます。

    セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウには、すべてのデバイスで使用可能な設定が表示されます。

  5. iOS]グループで、[管理設定]セクションを選択します。
  6. スイッチを[ウェブコントロールが有効です]に切り替えます。
  7. ウェブコントロールが有効です]スイッチの下にある[設定]をクリックします。

    ウェブコントロールの設定ページが表示されます。

  8. ブロックされた Web サイトへのユーザーアクセスを制限し、許可された Web サイトへのユーザーアクセスを許可するには:
    1. 動作モード]セクションで、[禁止されている「アダルト」Web サイト]を選択します。
    2. 許可する Web サイト]および[ブロック対象 Web サイト]セクションで[設定]をクリックして、許可およびブロックされた Web サイトのリストを作成します。

    URL は http:// または https:// で始まる必要があります。ウェブコントロールは、ドメイン内のすべての Web サイトにアクセスルールを適用します。

  9. ブックマークのリストから Web サイトへのアクセスのみをユーザーに許可するには:
    1. 動作モード]セクションで、[ブックマークされた Web サイトのみが許可されています]を選択します。
    2. ブックマーク]セクションで[設定]をクリックし、Safari のブックマークパネルに追加する、許可された Web サイトのリストを作成します。

    URL は http:// または https:// で始まる必要があります。アクセスルールは、ドメイン内のすべての Web サイトに適用されます。ブックマークリストの Web サイトが Safari のブックマークパネルに追加されます。

  10. 保存]をクリックします。

セキュリティプロファイルが適用されると、デバイスでウェブコントロールが有効になり、設定したアクセスルールに従って Safari の Web サイトへのユーザーアクセスが制限されます。

ページのトップに戻る