Windows デバイスでのウェブ脅威対策コンポーネントの設定

ウェブ脅威対策コンポーネントは、HTTP および FTP プロトコルを使用して、コンピューター間で送受信されるデータを保護します。また、悪意のある Web サイトやフィッシングサイトのリストと URL を照合してチェックします。

暗号化された接続のスキャン機能を有効にすると、ウェブ脅威対策コンポーネントは、暗号化された接続(HTTPS プロトコルなどを使用)を使用して送信されるデータも保護します。信頼するドメインのリストを設定することもできます。このコンポーネントは、それらのドメインへのアクセス中に行われる暗号化された接続を制御または処理しません。

Windows デバイスでウェブ脅威対策コンポーネントを設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. セキュリティ管理]→[セキュリティプロファイル]の順に選択します。

    セキュリティプロファイル]セクションには、Kaspersky Endpoint Security Cloud で設定されたセキュリティプロファイルのリストが表示されます。

  3. リストから、ウェブ脅威対策コンポーネントを設定するデバイスのセキュリティプロファイルを選択します。
  4. プロファイル名のリンクをクリックすると、セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウが表示されます。

    セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウには、すべてのデバイスで使用可能な設定が表示されます。

  5. Windows]グループで、[セキュリティ設定]セクションを選択します。
  6. スイッチを[ウェブ脅威対策が有効です]に切り替えます。
  7. ウェブ脅威対策が有効です]スイッチの下にある[設定]をクリックします。

    ウェブ脅威対策コンポーネントの設定ページが表示されます。

  8. セキュリティレベル]セクションで、デバイス保護の要件を満たすセキュリティレベルを選択します。
  9. 脅威の検知時の処理]セクションで、ウェブ脅威対策コンポーネントが感染したオブジェクトに対して実行する処理を選択します。
  10. ウェブ脅威対策の除外リスト]セクションで、[設定]をクリックします。

    除外リスト]ウィンドウが表示されます。

  11. 次のいずれかの手順を実行します:
    • スキャンから除外する URL を追加するには:
      1. 追加]をクリックします。

        新しいレコード]ウィンドウが表示されます。

      2. 入力フィールドで、除外する URL を指定します。

        URL の指定時に、任意の文字セットの代わりに*(アスタリスク)文字を使用できます。

        たとえば、この Web ページのみを除外するには company.com を指定し、Web サイトのすべての Web ページを除外するには *.company.com/* を指定します。

      3. OK]をクリックして[新しいレコード]ウィンドウを閉じます。

        追加された URL は、[除外リスト]ウィンドウの除外リストに表示されます。

    • スキャンから除外する URL を変更するには:
      1. 対象の URL に隣接するチェックボックスをオンにします。
      2. 変更]をクリックします。

        新しいレコード]ウィンドウが表示されます。選択した URL が含まれています。

      3. 必要な変更を加えます。
      4. OK]をクリックして[新しいレコード]ウィンドウを閉じます。

        変更された URL は、[除外リスト]ウィンドウの除外リストに表示されます。

    • スキャンの除外リストから URL を削除するには:
      1. 対象の URL に隣接するチェックボックスをオンにします。
      2. 削除]をクリックします。

        削除された URL は、[除外リスト]ウィンドウの除外リストから消去されます。

  12. 保存]をクリックして変更内容を保存します。

セキュリティプロファイルが適用されると、Windows デバイスでウェブ脅威対策コンポーネントが有効になります。このコンポーネントは、ユーザーがアクセスした Web ページやファイルをインターセプトして分析し、ウイルスや他のマルウェアがないかスキャンします。

ページのトップに戻る