セキュリティ製品の配布パッケージの準備

セキュリティ製品の配布パッケージは、最初に配布パッケージを準備した場合にのみダウンロードできます。配布パッケージの準備では、セキュリティ製品の各文書(使用許諾契約書(EULA)、プライバシーポリシー、Kaspersky Security Network に関する声明)の条項に同意することが必要です。Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールの初回起動時にこれらの文書の条項に同意すると、配布パッケージが準備されます。

管理コンソールの初回起動後に配布パッケージを準備するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 配布パッケージ]セクションを選択します。

    配布パッケージ]セクションには、Windows および Mac デバイス用のセキュリティ製品の配布パッケージが含まれています。

  3. 必要な配布パッケージのブロックで、[準備する]をクリックします。

    配布パッケージが既に準備されている場合、[ダウンロード]が右側に表示されます。追加の操作は必要ありません。

  4. セキュリティ製品の旧バージョンが見つかった場合、このバージョンを削除するよう要求されます。[同意する]をクリックして、旧バージョンのセキュリティ製品を削除します。

    使用許諾契約書]ウィンドウが表示されます。

    このウィンドウには、セキュリティ製品の使用許諾契約書、Kaspersky Security Center ネットワークエージェントの使用許諾契約書、およびプライバシーポリシーの内容が表示されます。

  5. 各文書の内容をよく確認してください。

    使用許諾契約書(EULA)の条項に同意し、プライバシーポリシーに記載されている通りにデータが処理されて送信される(第三国を含む)ことを理解して同意し、プライバシーポリシーの内容を確認して理解した場合、一覧表示されている 3 点の文書に隣接するチェックボックスをオンにして、[条項に同意する]をクリックします。

    条項に同意しない場合は、セキュリティ製品を使用しないでください。すべてのチェックボックスがオンになっていないと、配布パッケージをダウンロードできません。[使用許諾契約書]ウィンドウが閉じます。

    プロキシサーバーの設定ウィンドウが表示されます。

  6. 必要に応じて、プロキシサーバー設定を指定し、[次へ]をクリックします。

    Kaspersky Security Network の使用]ウィンドウが表示されます。

  7. Kaspersky Security Network に関する声明をよく読み、同意する場合は[条項に同意する]をクリックします。

    同意しない]をクリックすると、Kaspersky Security Network の使用が無効になります。必要に応じて、いつでも管理コンソールで Kaspersky Security Network の使用を有効にすることができます。

配布パッケージが準備され、ダウンロードできます。[配布パッケージ]セクションのリンクが、[ダウンロード]に変わります。

ページのトップに戻る