Endpoint Detection and Response Preview の検知に関する情報の表示

Endpoint Detection and Response Preview の検知に関する情報をウィジェットとテーブルで表示できます。ウィジェットには 10 件までの検知、テーブルには 1000 件までの検知が表示されます。

Endpoint Detection and Response Preview ウィジェット

Endpoint Detection and Response Preview ウィジェットを表示するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 情報パネル]セクションで、[監視]タブをクリックします。
  3. Endpoint Detection and Response Preview が無効になっている場合は、使用を開始します。

ウィジェットは要求された情報を表示します。

表示されたウィジェットから、次の項目を参照できます:

Endpoint Detection and Response Preview テーブル

Endpoint Detection and Response Preview の検知のテーブルを表示するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 次のいずれかの手順を実行します:
    • 情報パネル]セクションで[監視]タブを選択し、[検出結果のリストを表示]を Endpoint Detection and Response Preview ウィジェットでクリックします。
    • セキュリティ管理] → [Endpoint Detection and Response Preview]の順に選択します。
  3. Endpoint Detection and Response Preview が無効になっている場合は、使用を開始します。

    テーブルは要求された情報を表示します。

  4. 表示されたレコードを、ドロップダウンリストから項目を選択してフィルタリングします:
    • 検知日時:検知が発生した期間。
    • 検知のステータス:検知されたオブジェクトが処理されたか未処理(削除された)かどうか。
    • 検知した機能:検知に使用された Kaspersky Endpoint Security for Windows のコンポーネント。

表示されたテーブルから、次の項目を参照できます:

また、現在の検知に関するすべての情報をエクスポートして CSV ファイルに保存できます。

ページのトップに戻る