本製品のインストール

ここでは、Kaspersky Endpoint Security のインストール方法と初期設定の方法、およびネットワークエージェントパッケージのインストール方法と設定方法について説明します。

Kaspersky Endpoint Security と Kaspersky Security Center のインストールと初期設定を、順を追って実行します:

  1. サードパーティ製アンチウイルス製品のアンインストール

    Kaspersky Endpoint Security をインストールする前に、コンピューターに他のサードパーティのアンチウイルス製品がインストールされていないことを確認してください。必要に応じて、サードパーティ製ソフトウェアをアンインストールしてください。

  2. 製品パッケージとグラフィカルユーザーインターフェイスのインストール

    Kaspersky Endpoint Security とグラフィカルユーザーインターフェイスは、DEB および RPM 形式のパッケージで配布されます。Kaspersky Endpoint Security とグラフィカルユーザーインターフェイスを適切な形式のパッケージからインストールします。

  3. Kaspersky Endpoint Security の初期設定の完了

    Kaspersky Endpoint Security のインストール完了後、インストール後の設定スクリプトを実行します。コンピューターを保護するために、初期設定を実行する必要があります。インストール後の設定スクリプトは、Kaspersky Endpoint Security のパッケージに含まれています。

    初期設定の実行中に、設定値を手動で指定するか、初期設定情報ファイルを使用して初期設定を自動で実行することができます。必要に応じて、初期設定情報ファイル内の開始設定の値を編集できます。

  4. ネットワークエージェントのインストール

    ネットワークエージェントをインストールします。Kaspersky Security Center を使用して Kaspersky Endpoint Security を管理する場合は、ネットワークエージェントをインストールする必要があります。

  5. ネットワークエージェントの初期設定

    ネットワークエージェントのインストール後、設定を編集します。

  6. Kaspersky Endpoint Security 管理プラグインおよび Kaspersky Endpoint Security Web 管理プラグインのインストール

    Kaspersky Security Center 管理コンソールを使用して Kaspersky Endpoint Security を管理するには、Kaspersky Endpoint Security 管理プラグインをインストールします。詳細については、Kaspersky Security Center のヘルプを参照してください。

    Kaspersky Endpoint Security の異なるバージョンの管理プラグインを同時にインストールできます。そのため、管理する製品のバージョンに合わせて、異なるバージョンの管理プラグインで作成したポリシーも使用できます。また、以前のバージョンの管理プラグインで作成したポリシーとタスクを最新バージョンに変換することもできます。

    管理者ワークステーションにインストールされている Kaspersky Security Center 管理コンソールの管理プラグインとは対照的に、Web プラグインは Kaspersky Security Center 13 Web コンソールがインストールされているコンピューターにインストールする必要があります。

本製品のインストール時、または本製品のアップデートのダウンロード時とインストール時には、ファイルとアプリケーションディレクトリにアクセスするために root 権限が必要です。

このセクションの内容

コマンドラインを使用した Kaspersky Endpoint Security のインストール

Kaspersky Security Center による Kaspersky Endpoint Security のインストール

閉鎖ソフトウェア環境モードの Astra Linux での本製品の実行

Kaspersky Endpoint Security の初期設定の完了

製品初期設定の自動モード

Kaspersky Endpoint Security の初期設定情報ファイルの設定

ネットワークエージェントのインストール

ネットワークエージェントの初期設定

旧バージョンからの本製品のアップデート

SELinux システムの権限の設定

ページのトップに戻る