アンチクリプタータスク(Anti_Cryptor、ID:13)

アンチクリプタータスクは、SMB / NFS プロトコルでネットワークアクセスされるローカルディレクトリのファイルを悪意のあるリモートでの暗号化から保護します。

アンチクリプタータスクの実行中に、Kaspersky Endpoint Security は保護対象のデバイスの共有ネットワークディレクトリにあるファイルへアクセスするためのリモートコンピューターのコールをスキャンします。ネットワークファイルリソースへのリモートコンピューターの動作が、悪意のある暗号化であると認識された場合、このコンピューターは信頼されないホストのリストに追加され、共有ネットワークディレクトリにアクセスできなくなります。既定では、Kaspersky Endpoint Security は信頼されないホストからネットワークファイルリソースへのアクセスを 30 分間ブロックします。Kaspersky Endpoint Security は、アンチクリプタータスクの保護範囲から除外されたディレクトリで暗号化動作が検知された場合、その動作は悪意があると認識されません。

このタスクを使用するには、対応する機能を含むライセンスが必要です。

アンチクリプターが正常に動作するには、少なくとも 1 つのサービス(Samba または NFS)がオペレーティングシステムにインストールされている必要があります。NFS サービスでは、rpcbind パッケージがインストールされている必要があります。

アンチクリプタータスクは、SMB1、SMB2、SMB3、NFS3、TCP / UDP、および IP / IPv6 のプロトコルにおいて適切に動作します。NFS2 プロトコルと NFS4 プロトコルでの動作はサポートされていません。リソースのマウントに NFS2 プロトコルと NFS4 プロトコルを使用できないよう、サーバー設定を構成してください。

アンチクリプタータスクでは、ホストの動作が悪意があると識別されるまでは、ネットワークファイルリソースへのアクセスをブロックしません。このため、悪意のある処理が検知されるまで、少なくとも 1 つのファイルが暗号化されます。

このセクションの内容

信頼されないコンピューターへのアクセスのブロックの概要

アンチクリプターの設定

ブロックされるコンピューターのリストの表示

ブロックされるコンピューターを許可

ページのトップに戻る