ディストリビューションポイントのプッシュサーバーとしての使用

Kaspersky Security Center で、ディストリビューションポイントをモバイルプロトコルを使用して管理されているデバイスのプッシュサーバーとして動作させることができます。たとえば、KasperskyOS デバイスと管理サーバー間の強制同期を実行可能にする時に、プッシュサーバーを有効にする必要があります。プッシュサーバーの管理デバイスの範囲は、プッシュサーバーを有効にするディストリビューションポイントの範囲と同じです。同一の管理グループに複数のディストリビューションポイントを割り当てている場合は、各ディストリビューションポイントに対してプッシュサーバーを有効に設定できます。この場合、管理サーバーはディストリビューション間の負荷を分散します。

プッシュサーバーは、最大 50,000 件の同時接続の負荷をサポートします。

ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用して、管理対象デバイスと管理サーバー間の継続的な接続を確認できます。ローカルタスクの実行と停止、管理対象アプリケーションの統計の受信、トンネルの作成など、一部の操作には継続的な接続が必要です。ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用する場合は、管理対象デバイスで[管理サーバーから切断しない]をオンにしたり、ネットワークエージェントの UDP ポートにパケットを送信したりする必要はありません。

ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用するには:

  1. コンソールツリーで、[管理サーバー]フォルダーを選択します。
  2. フォルダーのコンテキストメニューで、[プロパティ]を選択します。
  3. 開いた[管理サーバーのプロパティ]ウィンドウで、[ディストリビューションポイント]セクションを選択します。
  4. リストから目的のディストリビューションポイントを選択し、[プロパティ]をクリックします。
  5. ディストリビューションポイントのプロパティウィンドウが表示されたら、[全般]セクション([セクションペインの左側)で、[ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用する]をオンにします。
  6. プッシュサーバーのポート番号を指定します。ディストリビューションポイントのこのポートが、クライアントデバイスの接続に使用されます。

    既定では、ポート 13295 が使用されます。

  7. OK]をクリックして、ディストリビューションポイントのプロパティウィンドウを閉じます。
  8. ネットワークエージェントのポリシーの設定ウィンドウを開きます。
  9. 接続]セクションで、[ネットワーク]サブセクションへ移動します。
  10. ネットワーク]サブセクションで、[ディストリビューションポイントを使用して管理サーバーへ強制的に接続する]をオンにします。
  11. OK]をクリックして、ウィンドウを閉じます。

ディストリビューションポイントがプッシュサーバーとしての動作を開始します。クライアントデバイスへのプッシュ通知が送信可能になります。

KasperskyOS をデバイスにインストール済みか、インストールする予定がある場合、ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用する必要があります。クライアントデバイスへプッシュ通知を送信する場合も、ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用できます。

関連項目:

クライアントデバイスにあるソフトウェアをディストリビューションポイント経由でアップグレードする

Kaspersky Security Center で使用するポート

ディストリビューションポイント

ディストリビューションポイントと接続ゲートウェイの調整

ページのトップに戻る