Kaspersky Security Network への参加と Kaspersky Private Security Network の使用

お客様のコンピューターをより効果的に保護するため、Kaspersky Secure Mail Gateway は、世界中のユーザーから集めたデータを使用しています。Kaspersky Security Network は、このデータの収集を目的に設計されています。

Kaspersky Security Network(KSN)は、ファイルのレピュテーション、Web リソース、ソフトウェアに関する情報を含むカスペルスキーのナレッジベースへのオンラインアクセスを提供する、クラウドサービスの基盤です。Kaspersky Security Network からのデータにより、定義データベースに追加されていない新しいオブジェクトに対する Kaspersky Secure Mail Gateway の対応が迅速化され、一部の保護コンポーネントのパフォーマンスが向上し、誤検知のリスクが低減されます。

Kaspersky Security Network に参加するユーザーの協力により、カスペルスキーは定義データベースに登録されていないオブジェクトの種別と発生源に関する情報を迅速に収集し、無害化するための解決方法を作成して、誤検知の数を最小限に抑えることができます。KSN に参加することにより、KSN の他のユーザーが、企業の IT インフラストラクチャに対する脅威に関する最新情報を取得できます。

Kaspersky Security Network に参加すると、Kaspersky Secure Mail Gateway は、ファイル、Web リソース、ソフトウェアの評価に関する問い合わせを Kaspersky Security Network に送信し、それらのオブジェクトの評価データを含む応答を受信します。

Kaspersky Security Network への参加は任意です。Kaspersky Security Network への参加についての決定は、製品のメイン Web インターフェイスでクラスタを作成した後で行えます([設定]-[外部サービス]-[KSN/KPSN]-[KSN/KPSN の設定]セクション)。いつでも変更することができます。

Kaspersky Security Network への参加について詳しくは、Kaspersky Security Network に関する声明を参照してください。

KSN に参加しない場合は、Kaspersky Private Security Network を利用できます(以降「KPSN」)。KPSN は、ユーザーがコンピューターのデータを Kaspersky Security Network に送信せずに、Kaspersky Security Network のレピュテーションデータベースやその他の統計データにアクセスできるようにするソリューションです。

Kaspersky Private Security Network を購入する場合は、お近くのカスペルスキー販売代理店にお問い合わせください。

KSN への参加は、コントロールノードで設定を行い、クラスタ内のすべてのセカンダリノードに適用されます。

このセクションの内容

Kaspersky Security Network への参加の設定

Kaspersky Private Security Network の使用の設定

KSN/KPSN の操作の監視

ページのトップに戻る