Kaspersky Web Traffic Security の定義データベースのアップデート

アンチウイルスモジュールとアンチフィッシングモジュールの定義データベース(「定義データベース」とも表記)は、スキャン対象のオブジェクトに含まれる悪意のあるコードの検知を可能にするレコード情報を含んだファイルです。これらのレコードには、悪意のあるコードの制御セクションの情報と、こうした脅威を含むオブジェクトを駆除するために必要なアルゴリズムに関する情報が含まれています。

カスペルスキーのマルウェアアナリストは毎日、数百件の新しい脅威を検知しており、脅威を識別するためのレコードを作成してこれを定義データベースのアップデートパッケージ(「アップデートパッケージ」とも表記)に追加しています。アップデートパッケージには、前回のアップデートパッケージのリリース以降に検知された脅威を識別するためのレコードを含んだファイルが 1 つ以上含まれています。保護対象サーバーがマルウェアに感染するリスクを最小化するために、定期的にアップデートパッケージを取得してください。

ライセンスの有効期間中は、カスペルスキーの Web サイトからアップデートパッケージをダウンロードして取得できます。

インストール中、Kaspersky Web Traffic Security はいずれかのカスペルスキーのアップデートサーバーから最新の定義データベースをダウンロードします。アップデートサーバーは特別なインターネットサイトで、すべてのカスペルスキー製品の定義データベースとモジュールのアップデートが含まれています。プロキシサーバー経由でインターネットに接続している場合、プロキシサーバーの設定を指定する必要があります。

トラフィック量を削減するために、 カスタム指定したアップデート元を選択できます。ユーザー定義の HTTP サーバー、FTP サーバー、コンピューター上のローカルフォルダーを、カスタム指定のアップデート元として利用できます。

このセクションの内容

定義データベースのアップデート元の選択

定義データベースのアップデートスケジュールと設定の編集

手動での定義データベースのアップデート

ページのトップに戻る