管理対象デバイスでのイベント通知の設定

Kaspersky Endpoint Security Cloud は、接続されたデバイスで発生したイベントに関する情報(検知された脅威など)と、製品自体のイベントに関する情報(クライアントデバイス間の名前の競合など)を受信します。イベントの通知を、デバイスユーザーや、他に関連しそうな従業員に送信するように設定できます。

イベントの通知を受信するために、最大 24 人の電子メールアドレスを指定できます。

イベント通知を設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 設定]セクションを選択します。

    Kaspersky Endpoint Security Cloud の全般設定]ページが表示されます。

  3. イベント通知]セクションで[設定]をクリックします。

    イベント通知]ページが表示されます(下の図を参照)。

    Kaspersky Endpoint Security Cloud でのイベント通知の設定

    Kaspersky Endpoint Security Cloud でのイベント通知の設定

  4. 選択したレポートを送信する受信者を指定します:
    1. メール通知の受信者]の下にある[設定]をクリックします。

      受信者]ウィンドウが表示されます(下図を参照)。このウィンドウには、Kaspersky Endpoint Security Cloud に追加されたすべてのユーザーアカウントのリストが表示されます。

    2. 受信者リスト]で、必要なユーザーのアカウントを選択します。

      選択できる受信者は 24 人までです。

    イベント通知の受信者の選択

    イベント通知の受信者の選択

    1. OK]をクリックして、[受信者]ウィンドウを閉じます。
  5. 通知を送信するイベントを選択します。
    1. 対象のイベントの深刻度の下にある[設定]をクリックします。

      表示されたウインドウには、選択した重大度のイベントが含まれています(下図を参照)。

    2. 対象のイベントの名前の横にある切り替えスイッチをオンにします。

      イベントはプラットフォームごとにグループ化されています。各プラットフォーム内で、イベントは推奨とオプションの 2 つのグループに分けられます。推奨されるイベントは、レポートやウィジェットの生成に使用されます。任意のイベントはそうではありません。

      推奨されるすべてのイベントに関する通知をオンにすることをお勧めします。

      既定では、すべてのスイッチはオフになっています。

    通知するイベントの選択

    通知するイベントの選択

    1. OK]をクリックして、ウィンドウを閉じます。

イベント通知は、選択したユーザーのメールアドレスに送信されます。ユーザーは、切り替えスイッチをオンにしたイベントの通知のみを受け取ります。

ページのトップに戻る