新しいタスクの作成

既定の設定または設定情報ファイルで指定された設定でタスクを作成できます。

次の種別のタスクを作成できます:ODS、アップデート、ロールバック、ContainerScan。

既定の設定でタスクを作成するには、次のコマンドを実行します:

kesl-control [-T] --create-task <タスク名> --type <タスクの種別>

説明:

指定された種別のタスクは既定の設定で作成されます。

設定情報ファイルで指定された設定でタスクを作成するには、次のコマンドを実行します:

kesl-control [-T] --create-task <タスク名> --type <タスクの種別> --file <設定情報ファイルへの絶対パス>

説明:

指定された種別のタスクは設定情報ファイルで指定された設定で作成されます。

ページのトップに戻る