メール脅威対策

メール脅威対策は、受信メールメッセージと送信メールメッセージの添付ファイルをスキャンして、ウイルスやその他の脅威を探します。このコンポーネントは、悪意のあるリンクやフィッシングリンクのメッセージもスキャンします。既定では、メール脅威対策はコンピューターの RAM に常駐し、POP3、SMTP、IMAP、NNTP プロトコル、または Microsoft Office Outlook メールクライアント(MAPI)を使用して送受信されるすべてのメッセージをスキャンします。このコンポーネントは、定義データベース、Kaspersky Security Network クラウドサービス、およびヒューリスティック分析を使用してコンピューターを保護します。

メールクライアントがブラウザーで開いている場合、メール脅威対策はメッセージをスキャンしません。

添付ファイルで悪意のあるファイルが検知されると、Kaspersky Endpoint Security はメッセージの件名を次のように変更します:[Message need your participation in processing] <メッセージの元の件名> または [Message has been processed] <メッセージの元の件名>

このコンポーネントは、コンピューターにインストールされているメールクライアントと連携します。Microsoft Office Outlook メールクライアントの場合、追加のパラメータを持つ拡張機能が提供されます。メール脅威対策の機能拡張は、Kaspersky Endpoint Security のインストール中に Microsoft Office Outlook メールクライアントに組み込まれます。

このセクションの内容

メール脅威対策の有効化と無効化

感染したメールに対する処理の変更

メール脅威対策の保護範囲の設定

メールに添付されている複合ファイルのスキャン

メール添付ファイルのフィルター

添付ファイルのフィルターの拡張子のエクスポートおよびインポート

Microsoft Office Outlook におけるメールのスキャン

ページのトップに戻る