クラウドセグメントのポーリングに使用する接続を追加する

すべて表示 | すべて非表示

使用可能な接続のリストにクラウドセグメントのポーリングに使用する接続を追加するには:

  1. コンソールツリーで、[デバイスの検索]→[クラウド]フォルダーの順に選択します。
  2. このウィンドウの作業領域で[ポーリングの設定]をクリックします。

    クラウドセグメントのポーリングに使用できる接続の一覧を含むプロパティウィンドウが開きます。

  3. 追加]をクリックします。

    接続]ウィンドウが表示されます。

  4. クラウドセグメントのポーリングに使用する接続について、クラウド環境の名前を指定します:

    クラウド環境

    AWS を選択した場合は、次の設定を指定してください:

    • 接続名
    • AWS IAM ロールを使用
    • AWS IAM ユーザーアカウントを使用
      • アクセスキーの ID
      • 秘密鍵

    このクラウド環境設定ウィザードで指定できるのは 1 つの AWS IAM アクセスキーのみです。その後で、追加の接続を指定して、他のクラウドセグメントを管理することもできます

    Azure を選択した場合は、次の設定を指定してください:

    • 接続名
    • Azure アプリケーション ID
    • Azure サブスクリプション ID
    • Azure アプリケーションパスワード
    • Azure ストレージアカウント名
    • Azure ストレージのアクセスキー

    Google Cloud を選択した場合は、次の設定を指定してください:

    • 接続名
    • クライアントのメール
    • プロジェクト ID
    • 秘密鍵
  5. 必要に応じて、[ポーリングのスケジュールを設定する]を選択し既定の設定を変更します。

この接続は本製品の設定に保存されます。

追加したクラウドセグメントの初回ポーリング後、このセグメントに対応するサブグループが[管理対象デバイス]の[クラウド]管理グループに表示されます。

誤った資格情報を指定した場合、クラウドセグメントのポーリング中、インスタンスは検出されず、新しいサブグループは[管理対象デバイス]の[クラウド]管理グループに表示されません。

関連項目:

シナリオ:クラウド環境への導入

ページのトップに戻る