送信メッセージの DKIM 署名

送信メッセージの DKIM 署名とは、特定のドメインのメールアドレスから送信されたメッセージに追加されるデジタル署名であり、会社ドメインの名前によってユーザーを識別することを目的としています。

DKIM(DomainKeys Identified Mail)テクノロジーにより、ユーザーはメッセージが実際に宣言されたドメインから送信されたことを確認できます。DKIM テクノロジーは、フィッシングメッセージやメールスパムでよく用いられる送信者アドレスのなりすましに対抗することを目的としています。従来の IP アドレスと違い、DKIM では企業のドメインの名前に関連付けられたデジタル署名を使用して送信者を識別します。署名は受信者側で自動的にチェックされます。送信者は、公開暗号化鍵を送信できるドメインネームシステム(DNS)を用いて認証されます。

メッセージ用の DKIM 署名は Kaspersky Secure Mail Gateway の Web インターフェイスで設定できます。Configuration設定には、次の手順が含まれます:

  1. DKIM 鍵を作成またはインポートする。
  2. DKIM 公開鍵の DNS レコードを取得する
  3. 取得した DNS レコードを DNS サーバーの設定に追加する

このセクションの内容

DKIM 鍵の作成

DKIM 鍵情報の表示

ファイルからの DKIM 鍵のインポート

DKIM 鍵の削除

DKIM 公開鍵の DNS レコードの取得

DNS サーバー設定への DKIM 鍵の追加

ページのトップに戻る