本製品のバージョン 6.0 からバージョン 6.1 へのアップグレード

Kaspersky Web Traffic Security の標準のアップグレード手順は現在利用できません。

本製品を 1 台のサーバー上でアップグレードするには、製品のバージョン 6.0 を削除してバージョン 6.1 をインストールします。

本製品のバージョン 6.0 をインストール済みのクラスター(「クラスター 6.0」と表記)を、バージョン 6.1 をインストール済みのクラスター(「クラスター 6.1」と表記)にアップグレードするには、次の手順を完了する必要があります:

  1. クラスター 6.0 からの 1 台目のサーバーの削除

    スレーブサーバーを削除してクラスターのアップグレードを開始することを推奨します。その後、クラスター 6.1 のコントロールロールのノードをこのサーバーにインストールできます。

  2. 製品バージョン 6.0 の削除
  3. 製品バージョン 6.1 のインストールと初期設定

    本製品は、DEB パッケージまたは RPM パッケージから、または ISO ファイルからインストールできます。

  4. クラスター 6.1 の作成

    新しいクラスターを作成すると、コントロールノードロールがサーバーに割り当てられます。

  5. クラスター 6.0 の設定のエクスポート
  6. クラスター 6.1 への設定のインポート

    設定情報ファイルをインポートすると、コントロールロールのノードがすべてのクラスターノードに新しい設定を転送します。

    設定情報ファイルで指定されていない設定は変更されません。

  7. ワーカーサーバーのクラスター 6.1 への移行

    各ワーカーサーバーで次の手順を完了する必要があります:

    1. クラスターの別のサーバーに対するトラフィック処理の割り当て

      アップグレードの途中でトラフィック処理が中断されないようにするには、事前に別のクラスターサーバーにトラフィック処理を切り替えることを推奨します。クラスターでロードバランサーが使用されている場合は、その設定情報ファイルを開き、アップグレード対象のワーカーサーバーの設定を含むエントリを削除する必要があります。

    2. クラスター 6.0 からのワーカーサーバーの削除
    3. ワーカーサーバーからの製品バージョン 6.0 の削除
    4. 製品バージョン 6.1 のインストールと初期設定

      本製品は、DEB パッケージまたは RPM パッケージから、または ISO ファイルからインストールできます。

    5. クラスター 6.1 へのノードの追加

      クラスター 6.1 にノードを追加すると、ノードにはセカンダリノードロールが割り当てられ、コントロールロールのノードから最新の設定を自動的に受信します。

    6. トラフィック処理の設定

      クラスターでロードバランサーが使用されている場合は、その設定情報ファイルを開き、セカンダリロールの新しいノードの設定を含むエントリを追加する必要があります。

  8. クラスター 6.0 からのマスターサーバーの削除

    ワーカーサーバーをクラスター 6.1 に移行した後は、マスターサーバーのみがクラスター 6.0 に残ります。このサーバーを休止させるか、セカンダリロールのノードとしてクラスター 6.1 に追加することができます(手順 7.3~7.6 を参照)。

ページのトップに戻る