RPM パッケージまたは DEB パッケージからの本製品のインストールと初期設定

RPM パッケージと DEB パッケージは、物理サーバーまたは仮想サーバーのオペレーティングシステムへのインストール用です。ネットワークトラフィックを処理する予定のすべてのサーバーに対して、本製品のインストールと初期設定を行う必要があります。

RPM パッケージまたは DEB パッケージを使用した本製品のインストールと初期設定のシナリオは、以下の手順で構成されます:

  1. SELinux の停止
  2. nginx サービスのインストール
  3. 本製品が動作するためのポートの設定
  4. 本製品のパッケージのインストール
  5. ローカリゼーションパッケージのインストール
  6. 製品設定スクリプトを使用した本製品の設定
  7. Squid サービスのインストール - 別のサーバー上のプロキシサーバーを使用しておらず、Squid サービスをインストールする場合
  8. Squid サービスの設定 - Squid サービスをすでにインストールしている場合
  9. Squid サービスでの SSL Bump の設定 - Squid サービスをすでにインストールしている場合

インストールが完了すると、指定されているトレースレベルに応じて、コンポーネントの動作に関する情報が Kaspersky Web Traffic Security のイベントログSyslog イベントログトレースファイルに記録されます。ユーザーデータの取り扱いについてより詳しくは、「データ提供について」を参照してください。

製品の初期設定が完了したら、製品の Web インターフェイスを使用して管理するためにすべてのノードをクラスターにまとめる必要があります。

このセクションの内容

製品の再インストールの準備

本製品のインストール

本製品の初期設定

本製品の削除

ページのトップに戻る