認証アプリを使用した二段階認証の設定

認証アプリは、Kaspersky Business Hub でスタンドアロンの認証方法として使用することはできません。最初に SMS による二段階認証を設定する必要があります。携帯電話番号による二段階認証を無効にすると、認証アプリによる認証は自動的にオフになります。SMS とアプリの両方による認証を設定すると、ログインページで、またはパスワードを忘れた場合に認証方法を選択できるようになります。

認証アプリによる二段階認証を設定するには:

  1. SMS による二段階認証を設定します
  2. 使用する認証アプリをダウンロードしてインストールし、実行します。

    Kaspersky Business Hub との互換性については、Google Authenticator と Microsoft Authenticator のみをテストしており、これらのアプリケーションはその時点で無料で使用できました。これらのアプリケーションのインターフェイスは、ご希望の言語では使用できない場合があります。アプリケーションを使用する前に、アプリケーションの GDPR コンプライアンスとプライバシーポリシーも確認してください。カスペルスキーは、これらのアプリケーションの所有者による支援や推薦は受けておらず、提携もしておりません。

    Microsoft Authenticator は、モバイルデバイスにのみインストール可能です。

    必要に応じて、自己責任で他のアプリを使用できます。使用するアプリは、6 桁のセキュリティコードに対応している必要があります。

    使用中の携帯電話以外のデバイスにも認証アプリをインストールすることを推奨します。これにより、携帯電話を紛失したり盗まれたりした場合に、アカウントにログインできます。

  3. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールで、アカウント名が含まれるリンクをクリックし、[ユーザーアカウントの管理]を選択します。

    ユーザーアカウントの設定]ウィンドウが表示されます。

  4. 二段階認証]セクションを選択します。
  5. 秘密鍵の取得]をクリックします。
  6. 現在のパスワードを入力]に、Kaspersky Business Hub のアカウントのパスワードを指定し、[確認]をクリックします。

    ポータルページには、16 文字の秘密鍵と QR コードが表示されます。

  7. 各デバイスの認証アプリで、アカウントを作成し、表示された秘密鍵を入力します。あるいは、携帯電話で QR コードをスキャンすることもできます。この場合、アカウントは自動的に作成されます。詳細については、アプリのドキュメントを参照してください。

    認証アプリで 6 桁のセキュリティコードが生成されます。

  8. アプリで生成されたセキュリティコードが各デバイスで同じであることを確認します。
  9. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールで、生成されたセキュリティコードを入力します。

認証アプリによる二段階認証が設定されました。これで、メールアドレスとパスワードでログインするたびに、またはパスワードを忘れた場合は、認証アプリで生成されるワンタイムセキュリティコードを入力する必要があります。

認証アプリの使用を無効にするか、二段階認証を完全に無効にすることができます。

ページのトップに戻る