パッチの承認

Kaspersky Endpoint Security Cloud では、管理対象デバイスにインストールするパッチを選択できます。

インストールが必要なパッチを承認し、インストールしないパッチはスキップできます。また、考えが変わった場合などに、パッチの承認を取り消すこともできます。

たとえば、最初にテスト環境にパッチをインストールしてデバイスのオペレーティングシステムとの互換性の問題が生じないかを確認してから、管理対象デバイスへのこれらのパッチのインストールを承認することができます。

パッチを承認するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. セキュリティ管理]→[パッチの管理]の順に選択します。
  3. インストールステータスが[承認待ち]または[使用許諾契約書が保留中]であるパッチの名前をクリックします。必要に応じて、[インストールステータス]フィルターで最初にそれぞれの値を選択します。

    パッチのプロパティ]ウィンドウが表示されます。

  4. パッチのインストールを承認する]をクリックします。
  5. パッチをインストールするために使用許諾契約書に同意する必要がある場合、[使用許諾契約書 <アプリケーション名>]ウィンドウが表示されます。
  6. ウィンドウに表示される使用許諾契約書の内容をよく読みます。

    使用許諾契約書の条項に同意する場合は、使用許諾契約書に隣接するチェックボックスをオンにして、[条項に同意する]をクリックします。パッチの使用許諾契約書の条項に同意しない場合、パッチは承認されません。

パッチが承認されます。インストールステータスが、[計画中](スケジュール設定されたパッチのインストールが有効な場合)または[インストールスケジュールは無効です](スケジュール設定されたパッチのインストールが無効になっている場合)に変わります。承認されたパッチは、パッチのインストール設定に従って管理対象デバイスにインストールされます。

承認されたパッチのステータスが保留中です。このアプリケーションの他のパッチを承認してください。同じアプリケーションにリンクされたパッチがあるため、パッチをデバイスにインストールできないことを意味します。他のパッチを見つけて承認します。

パッチ承認をキャンセルするには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. 管理コンソールで、[セキュリティ管理]→[パッチの管理]の順に選択します。
  3. インストールステータスが[計画中]または[インストールスケジュールは無効です]であるパッチの名前をクリックします。必要に応じて、[インストールステータス]フィルターで最初にそれぞれの値を選択します。

    パッチのプロパティ]ウィンドウが表示されます。

  4. インストールをキャンセル]をクリックします。

パッチが拒否されます。インストールステータスが[承認待ち]に変わります。承認されなかったパッチは管理対象デバイスにインストールされません。

承認却下される前に一部のデバイスにインストールされている場合、そのパッチはデバイスからアンインストールされません。今後、他のデバイスにはインストールされなくなります。

ページのトップに戻る