製品動作の監視

ウィジェットとダッシュボードを使用して製品を監視できます。期間別およびクラスタノード別に監視データをフィルタリングできます。

製品のメイン Web インターフェイスの[ダッシュボード]セクションには、以下の情報が表示されます:

  1. システムの正常性。クラスタで発生したエラーのグラフ。[ノードへ移動]をクリックして[ノード]セクションに移動すると、各クラスタノードの正常性について詳細を表示できます。
  2. 処理済み。このウィジェットには、処理されたすべてのメールメッセージに適用された製品のアクションの統計が表示されます。
    • 添付ファイルを削除済み
    • 削除済み
    • 駆除済み
    • 隔離済み
    • 拒否済み
    • スキップ済み

    サイズ]または[件数]をクリックすると、処理されたすべてのメッセージの合計サイズまたは合計数の表示を切り替えることができます。

  3. 検知済みこのウィジェットには、検知されたオブジェクトが保護モジュール別に表示されます:
    • アンチフィッシング
    • アンチスパム
    • アンチウイルス
    • コンテンツフィルタリング
    • メール送信ドメイン認証
    • リンクのスキャン
    • KATA

      これは KATA との統合が設定されている場合にのみ表示されます。

    保護モジュールにより 1 つのメッセージで複数のオブジェクトが検知された場合、統計ではそのモジュールに対して 1 つのオブジェクトだけカウントされます。異なる保護モジュールによって 1 つのメッセージで複数のオブジェクトが検知された場合、統計では各保護モジュールに対して 1 つのオブジェクトがカウントされます。

    情報ペインの右上隅にあるリンクをクリックすると、[イベント]セクションに移動して、選択期間内の検知情報とともに関連イベントを表示できます。

  4. 特定のモジュールによってスキャンされたメッセージの数をスキャン結果ごとに表示するウィジェット:
    • アンチウイルス
    • アンチスパム
    • アンチフィッシング
    • コンテンツフィルタリング
    • リンクのスキャン
    • メール送信ドメイン認証

    既定では アンチウイルス ウィジェットのみが表示されます。必要なウィジェットを追加するには、新しいウィジェットレイアウトを作成するか、現在のレイアウトを変更することができます。

    保護モジュールの統計を示すすべてのウィジェットには、以下のスキャンステータスが表示されます:

  1. 最新の脅威。最近検知された脅威に関する情報の表:
    • 時間 - 脅威が検知された時刻。
    • 脅威名 - オブジェクトで検知された脅威の名前。
    • 結果 - オブジェクトによって実行された処理。

    本製品で現在取得できるすべての情報が表示されます。時間によるフィルタリング基準は適用されません。

  2. メッセージ。このウィジェットには、本製品で処理される受送信メールトラフィックが表示されます。

    送信メッセージをカウントする際は、本製品から送信された通知がカウントされますが、スキャンステータスが 削除済み拒否済み、または隔離済みのメッセージはカウントされません。

    サイズ]または[件数]をクリックすると、受送信されたメッセージの合計サイズまたは合計数の表示を切り替えることができます。

  3. 適用された上位ルール。メッセージの処理時に最も頻繁に適用されたルールに関する情報の表:
    • ルール名 - 管理者に設定され、適用されたルールセットの名前。
    • 件数 - ルールの開始回数。

    管理者によってルールが削除された場合、このダッシュボードには表示されません。

一部のダッシュボードは既定で表示されません。新しいレイアウトを作成し、必要なペインを追加して、利用可能なレイアウト間を切り替えることができます。

このセクションの内容

新しいレイアウトの作成

レイアウトの変更

レイアウトの削除

リストからのレイアウトの選択

監視データのフィルタリング

ページのトップに戻る