バックアップ

バックアップは、処理中に Kaspersky Secure Mail Gateway が保存するメッセージのコピーを保管するよう設計されています。Kaspersky Secure Mail Gateway サーバーのセキュリティを確保するために、バックアップ内のメッセージのコピーにアクセスする権限は制限されています。

設定で[バックアップにコピーを移動]チェックボックスがオンになっているルールがメッセージに適用される場合、指定された処理に関係なくメッセージのコピーがバックアップに保存されます。

メッセージのコピーは、添付ファイルとともにバックアップに配置されます。

関連する権限が付与されていれば、製品の管理者はバックアップ内のメッセージコピーに以下の処理を実行できます:

既定では、バックアップスペースの最大容量は 7 GB です。バックアップのサイズが既定のしきい値を超えると、最も古いメッセージのコピーから順にバックアップから削除されます。バックアップのサイズがしきい値を超えない値に戻ると、バックアップからのメッセージコピーの削除は停止されます。

管理者モードでは、バックアップ内のすべてのメッセージコピーに関する情報が表示されます。ユーザーモードでは、個人のバックアップが、現在ノユーザーのメッセージに関する情報とともに表示されます。

管理者が個人のバックアップの設定で該当するオプションをオンにしていれば、ユーザーは個人のバックアップを表示したり、メッセージコピーに対して処理を実行したりできます。

このセクションの内容

バックアップの設定

個人バックアップの設定

バックアップ内のオブジェクトのリストの表示

バックアップ内のオブジェクトのリストの表示の設定

バックアップ内のメッセージコピーのフィルタリングと検索

バックアップ内のメッセージに関する情報の表示

バックアップからのメッセージの配信

バックアップからのメッセージのダウンロード

バックアップからのメッセージコピーの削除

ページのトップに戻る