コンピューターのスキャン

スキャンは、コンピューターのセキュリティに必要不可欠です。スキャンを定期的に実行することで、セキュリティレベルの設定が低いなどの理由により、保護機能で検知されない悪意のあるソフトウェアが拡散する可能性を排除できます。

Kaspersky Endpoint Security は、コンテンツが OneDrive クラウドストレージにあるファイルをスキャンせず、これらのファイルがスキャンされていないことを示すログエントリを作成します。

完全スキャン

コンピューター全体の徹底的なスキャン。Kaspersky Endpoint Security が、次のオブジェクトをスキャンします:

カスペルスキーのエキスパートは、完全スキャンタスクのスキャン範囲を変更しないことを推奨します。

コンピューターのリソース消費量を抑えるために、完全スキャンタスクではなくバックグラウンドスキャンタスクを実行することを推奨します。これは、コンピューターのセキュリティレベルには影響しません。

簡易スキャン

既定では、カーネルメモリ、実行中のプロセスおよびスタートアップオブジェクト、ディスクブートセクターをスキャンします。

カスペルスキーのエキスパートは、簡易スキャンタスクのスキャン範囲を変更しないことを推奨します。

オブジェクトスキャン

Kaspersky Endpoint Security はユーザーが選択したオブジェクトをスキャンします。次のリストから任意のオブジェクトをスキャンできます:

バックグラウンドスキャン

バックグラウンドスキャンモードでは、Kaspersky Endpoint Security はユーザー向けの通知を表示せずにスキャンを実行します。バックグラウンドスキャンは、その他のスキャン種別(完全スキャンなど)よりも、リソース消費量が少なくなります。このモードでは、Kaspersky Endpoint Security はスタートアップオブジェクト、カーネルメモリ、システムパーティションをスキャンします。

整合性チェック

ソフトウェアモジュールに破損や変更がないかチェックします。

このセクションの内容

スキャンタスクの開始または停止

セキュリティレベルの変更

感染したファイルに対する処理の変更

スキャンするオブジェクトのリストの生成

スキャンするファイル種別の選択

スキャンの最適化

複合ファイルのスキャン

スキャン方法の使用

スキャン技術の使用

スキャンタスクの実行方法の選択

別のユーザーアカウントでのスキャンタスクの起動

コンピューターに接続されたリムーバブルドライブのスキャン

バックグラウンドスキャン

本製品の整合性の確認

ページのトップに戻る