ルールでのアンチスパムメッセージスキャンの有効化と無効化

1 つまたは複数のルールで、メッセージのスパムスキャンを有効または無効にできます。メッセージのスパムスキャンは既定で有効になっています。

ルールでメッセージのアンチスパムスキャンを有効または無効にする前に、Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server のアンチスパムエンジンが有効になっていることを確認してください。

メッセージのスパムスキャンをルールで有効または無効にするには:

  1. Web インターフェイスのメインウィンドウで管理コンソールツリーを開き、[ルール]セクションを選択します。
  2. ルールリストでルールの名前をクリックして、メッセージのスパムスキャンを有効または無効にするルールを開きます。
  3. アンチスパム]セクションを選択します。
  4. 次のいずれかの操作を実行します:
    • ルールでメッセージのスパムスキャンを有効にするには、[アンチスパム]設定グループの名前の横にあるトグルスイッチをオンにします。
    • ルールでメッセージのアンチスパムスキャンを無効にするには、[アンチスパム]設定グループの名前の横にあるトグルスイッチをオフにします。
  5. 作業領域の下部にある[適用]をクリックします

関連項目:

アンチスパムによる保護

アンチスパムのメッセージスキャンステータスのラベルについて

メッセージのアンチスパムの有効化と無効化

アンチスパムモジュールの設定

アンチスパムエンジン設定に対する既定値の指定

アンチスパムエンジンのカスタム DNSBL リストの設定

アンチスパムエンジンのカスタム SURBL リストの設定

ルールでのアンチスパムスキャンの設定

メッセージに対するアンチスパムスキャンの処理の設定

スパムスキャン後にメッセージの件名に追加するタグの設定

ページのトップに戻る