プロキシサーバーの接続設定

指定したプロキシサーバーの設定は、データベースのアップデート、製品のアクティベート、KSN/KPSN および Moebius サービスの動作に使用されます。

プロキシサーバーの接続を設定するには:

  1. 製品のメイン Web インターフェイスで、[設定]-[外部サービス]-[プロキシサーバーの接続]セクションの順に選択します。
  2. プロキシサーバーを使用]トグルスイッチを使用してプロキシサーバーの使用を有効化または無効化します。
  3. 前の手順でプロキシサーバーの使用を有効にした場合は、[プロキシサーバーのアドレス]にプロキシサーバーのアドレスとポートを入力します。

    既定ではポート 8080 が使用されます。

  4. 内部メールアドレスや個人用メールアドレスにプロキシサーバーを使用しない場合は、[ローカルアドレスとプライベートアドレスにはプロキシサーバーを使用しない]をオンにします。
  5. プロキシサーバーへの接続に認証を使用する場合は、[ユーザー名(任意)]と[パスワード(任意)]にユーザー名とパスワードを入力します。
  6. 保存]をクリックします。

プロキシサーバーとの接続が設定されます。

関連項目:

Kaspersky Secure Mail Gateway

Kaspersky Secure Mail Gateway インターフェイス

本製品のライセンス管理

製品のインストールとセットアップ

本製品の開始

製品動作の監視

メッセージ処理ルールについて

許可リストと拒否リスト

クラスタの管理

ロールおよびユーザーアカウントの管理

バックアップ

Kaspersky Secure Mail Gateway のイベントログ

メッセージキュー

レポート

保護の全般設定

日時の設定

アップグレードパッケージのダウンロード

Kaspersky Secure Mail Gateway の定義データベースのアップデート

設定のエクスポートとインポート

Kaspersky Security Network への参加と Kaspersky Private Security Network の使用

外部ディレクトリサービスとの統合

KATA プロテクション

SNMP を使用した本製品の管理

Kaspersky Secure Mail Gateway のメール通知

シングルサインオン技術を使用する認証

クラスタノードへの SSH プロトコルによる接続

MTA 設定の編集

送信メッセージの DKIM 署名

Kaspersky Secure Mail Gateway の動作のために TLS プロトコルを使用

メールルーティングのドメインと設定

SIEM システムへの製品イベントの公開

テクニカルサポートへの問い合わせ

サードパーティのコード情報

商標に関する通知

ページのトップに戻る