Kaspersky Secure Mail Gateway

Kaspersky Secure Mail Gateway により、メールゲートウェイをクラスタシステムとして導入できます。このシステムは、処理するトラフィックのボリュームに応じて拡張可能で、組織の既存のメールインフラストラクチャに統合できます。メールゲートウェイには、オペレーティングシステム、メールサーバー、カスペルスキーのアンチウイルス製品がインストールされています。

Kaspersky Secure Mail Gateway は、受信メールと送信メールを悪意あるオブジェクトや迷惑メール、フィッシングコンテンツから保護し、メールメッセージのコンテンツフィルタリングを実行します。

Kaspersky Secure Mail Gateway の機能は次のとおりです:

Kaspersky Secure Mail Gateway は、VMware ESXi™ または Microsoft Hyper-V® ハイパーバイザーでの導入用に仮想マシンの ISO イメージとして配信されます。

イメージを導入すると、CentOS 7.9 オペレーティングシステム、メールサーバー、Kaspersky Secure Mail Gateway がインストールされた仮想マシンが作成されます。仮想マシンの導入後は、初期設定ウィザードを使用して仮想マシンを設定できます。

関連項目:

Kaspersky Secure Mail Gateway インターフェイス

本製品のライセンス管理

製品のインストールとセットアップ

本製品の開始

製品動作の監視

メッセージ処理ルールについて

許可リストと拒否リスト

クラスタの管理

ロールおよびユーザーアカウントの管理

バックアップ

Kaspersky Secure Mail Gateway のイベントログ

メッセージキュー

レポート

保護の全般設定

日時の設定

プロキシサーバーの接続設定

アップグレードパッケージのダウンロード

Kaspersky Secure Mail Gateway の定義データベースのアップデート

設定のエクスポートとインポート

Kaspersky Security Network への参加と Kaspersky Private Security Network の使用

外部ディレクトリサービスとの統合

KATA プロテクション

SNMP を使用した本製品の管理

Kaspersky Secure Mail Gateway のメール通知

シングルサインオン技術を使用する認証

クラスタノードへの SSH プロトコルによる接続

MTA 設定の編集

送信メッセージの DKIM 署名

Kaspersky Secure Mail Gateway の動作のために TLS プロトコルを使用

メールルーティングのドメインと設定

SIEM システムへの製品イベントの公開

テクニカルサポートへの問い合わせ

サードパーティのコード情報

商標に関する通知

ページのトップに戻る