アプリケーションレジストリの表示

Kaspersky Security Center は、管理対象デバイスにインストールされているすべてのソフトウェアのインベントリを作成します。

ネットワークエージェントが、デバイスにインストールされているアプリケーションのリストを作成し、管理サーバーに送信します。ネットワークエージェントは、インストールされたアプリケーションに関する情報を Windows のレジストリから自動的に取得します。

インストール済みアプリケーションの情報の取得は、Microsoft Windows が動作しているデバイスの場合にのみ利用できます。

クライアントデバイスにインストールされているアプリケーションのレジストリを表示するには:

コンソールツリーの[詳細]→[アプリケーションの管理]フォルダーで、[アプリケーションレジストリ]サブフォルダーを選択します。

クライアントデバイスと管理サーバーにインストールされているアプリケーションのリストが、[アプリケーションレジストリ]フォルダーの作業領域に表示されます。

任意のアプリケーションについて、コンテキストメニューを開いて[プロパティ]を選択することで、詳細情報を表示できます。アプリケーションのプロパティウィンドウに、アプリケーションに関する詳細情報、アプリケーションの実行ファイルに関する情報、アプリケーションがインストールされているデバイスのリストが表示されます。

すべてのアプリケーションのコンテキストメニューで次の操作を実行できます:

指定された基準を満たすアプリケーションを表示するには、[アプリケーションレジストリ]フォルダーの作業領域にあるフィルターフィールドを使用できます。

選択したデバイスのプロパティウィンドウの[アプリケーションレジストリ]セクションで、デバイスにインストールされているアプリケーションのリストを表示できます。

インストール済みアプリケーションのレポートの生成

アプリケーションレジストリ]作業領域で[インストール済みアプリケーションのレポートの表示]をクリックして、それぞれのアプリケーションがインストールされているデバイスの台数などのインストール済みアプリケーションに関する統計情報を含んだレポートを生成することもできます。インストール済みアプリケーションのレポートには、カスペルスキー製品とサードパーティ製品の両方の情報が含まれています。クライアントデバイスにインストールされているカスペルスキー製品のみの情報が必要な場合は、[サマリー]リストで「AO Kaspersky Lab」を選択します。

セカンダリ管理サーバーや仮想管理サーバーに接続しているデバイスにインストールされているカスペルスキー製品およびサードパーティ製ソフトウェアの情報も、プライマリ管理サーバーのアプリケーションレジストリに保存されます。セカンダリ管理サーバーと仮想管理サーバーからのデータの追加が完了したら、[インストール済みアプリケーションのレポートの表示]をクリックして表示されるインストール済みアプリケーションのレポートページでこれらの情報を確認できます。

セカンダリ管理サーバーと仮想管理サーバーからの情報をインストール済みアプリケーションのレポートに加えるには:

  1. コンソールツリーで、目的の管理サーバーの名前の付いたフォルダーを選択します。
  2. フォルダーの作業領域で、[レポート]タブを選択します。
  3. レポート]タブで、[インストール済みアプリケーションのレポート]を選択します。
  4. レポートのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。

    インストール済みアプリケーションのレポートのプロパティウィンドウが表示されます。

  5. 管理サーバーの階層]セクションで、[セカンダリまたは仮想管理サーバーのデータを含める]をオンにします。
  6. OK]をクリックします。

セカンダリ管理サーバーおよび仮想管理サーバーからの情報が[インストール済みアプリケーションのレポート]に含められます。

関連項目:

製品のインストールとアンインストールの監視

シナリオ:アプリケーションの管理

主要なインストールシナリオ

ページのトップに戻る